Nebular-Infant  2013
   作品  活動歴    映像  ブログ    TOP Back
2010年から追求してきた『雲』シリーズの最終形。
『星雲』は、宇宙空間に漂う、重力的なまとまりを持った、宇宙塵や星間ガスなどからなるガス。星の生まれる素になるガスであり、星の死によって重力が上昇し、他の星雲の物質を引き寄せるようになる。そして集まった物質によって圧縮され、星が生まれる。
『星』の誕生と『我が子』の誕生 との、一見無関係な現象どうしの対比。『星雲』の光と『幼児』の光が、ときに不協和音を放ち、ときに調和を見せる。 彫刻の脱け殻、光の支配、果てしない空間、生と死。
F.R.P、LED、人感センサー、その他    インスタレーション  2013年 12月